産婦人科医に無料相談|メディオンクリニック【公式】

LINEでスピード相談

受付/24時間 土日祝もOK

相談無料
相談窓口一覧

アフターピル

低用量ピル

月経移動

人工妊娠中絶

出生前診断

卵子凍結

出生前診断の費用相場|保険は適用される?安く済ませるコツまで解説します

出生前診断

「出生前診断の費用っていくらが相場なんだろう?」

そのようにお悩みではありませんか?

出生前診断を受けてみたいけど、相場もよくわからないし受けるならなるべく安く受けたいですよね。

そこでこの記事では出生前診断の費用の相場について、非確定検査や確定検査など様々な検査方法を比較して解説します。さらに費用を安く抑えるためのコツまで合わせてお伝えしていきます。

出生前診断の費用相場

ダウン症にかかる費用

出生前診断の各検査費用の相場は以下の表のようになっています。

種類検査名費用
非確定検査エコー検査6,000円~10,000円
NIPT

(新型出生前診断)

15万円~25万円
クアトロ検査2万円~3万円
確定検査羊水検査8万円~15万円
絨毛検査10万円~20万円

 

出生前診断の種類

出生前診断を行う医師

出生前診断には、

  • 非確定検査
  • 確定検査

の2種類があります。順に解説していきます。

非確定検査

非確定検査は胎児が先天性疾患を持っている確率を計算するための検査です。疾患を確定することはできませんが流産のリスクがほとんどなく安全な検査であるため、1回目の出生前には非確定検査が用いられます。

非確定検査は主に「エコー検査」「NIPT(新型出生前診断)」「クアトロテスト」の3つに分類されます。

  • エコー検査:超音波で胎児の様子を確認します。見た目だけでの判断なので精度は低いです。
  • NIPT(新型出生前診断):妊婦の血液を用いて検査をします。精度は99%以上で検査できる項目も多いです。
  • クアトロテスト:妊婦の血液を用いた検査ですが、精度は80%程度です。

メディオンクリニックでは精度が高く検査できる項目も多いNIPT(新型出生前診断)をおすすめしています。

NIPT検査(新型出生前診断)とは?わかることや費用まで医師が解説
NIPT(新型出生前診断)って何だろう?そのようにお考えではありませんか。本記事では現役の医師がNIPTで分かること、NIPTの検査内容、NIPTの精度、NIPTの費用、NIPTについてよくある質問を詳しく解説します。この記事を読めばNIPTについて完全に理解することがき、すぐにでもNIPTを受ける方法がわかります。
クアトロテスト(母体血清マーカーテスト)とは?わかることや費用や確率について解説します
この記事ではクロアテストで分かることや検査内容について現役の医師が詳しく解説しています。さらにクロアテストの精度や判定確率、費用についても解説しているのでクロアテストについて分からないことがなくなります。

確定検査

確定検査は胎児の細胞を用いて先天性疾患の有無を確定する検査のことです。ダウン症などの疾患であればほぼ確実に判定ができる一方で、0.6%~1.0%程度の確率で流産や破水のリスクがあるため、基本的に非確定検査で疾患をもつ疑いが高いと判断された場合にのみ行われます。

確定検査は「羊水検査」と「絨毛検査」の2つに分類されます。

  • 羊水検査:妊婦の羊水を採取し、羊水中に含まれる胎児の細胞の破片を元に判定を行います。破水リスクは0.6%。
  • 絨毛検査:胎盤の一部を採取し疾患の有無を判定します。破水リスクは0.1%。

それぞれの検査方法については詳しくはこちらの記事をご覧ください。

羊水検査とは?わかることやリスクや費用まで解説します
この記事では「羊水検査の内容」「羊水検査で分かること」について現役の医師が詳しく解説しています。さらに羊水検査のリスクや費用、受けるべき人の特徴まで解説しているので羊水検査について分からないことがなくなるはずです。
絨毛検査とは?羊水検査との違いやリスク・費用まで解説します。
この記事では絨毛検査について現役の医師が詳しく解説しています。さらに羊水検査と比較した違いやリスク、費用についても解説しているので絨毛検査について知らないことがなくなります。

出生前診断は保険の対象になる?

医療保険の案内

出生前診断は自由診療であるため保険が適用されません。そのため検査費用が全額自己負担(10割負担)になります。また自由診療の場合、検査費用は各医療機関が決定して良い決まりになっているため、出生前診断は医療機関によって金額が大きく異なります。

出生前診断は高額な検査費用が全額自己負担であるため、病院選びなどは検査前にしっかり検討する必要があります。

出生前診断は医療費控除の対象になる?

医療費控除の明細書

出生前診断は医療費控除の対象にはなりません。

医療費控除は1年間の医療費の合計が10万円を超えた場合に所得控除を受けられる制度です。医療費控除の対象となる医療費は「病気の診療」に関係している場合のみです。

出生前診断は必ずしも病気と判定されるわけではないため「病気の診療」に該当せず、医療費控除の対象にはならないのです。

出生前診断を安く済ませるコツ

コストカット

出生前診断は高額な検査ですが、検査費用を安く済ませるコツがいくつか存在します。

確定検査の補助をしてくれる病院を選ぶ

非確定検査で高いお金を払って検査をして陽性だったとしても追加で確定検査を受診しなければ正しく疾患を判定することはできません。確定検査は最低でも10万円程度はする高額な検査であるため多くの人が確定検査を受けることを躊躇ってしまいます。

そこで最近では非確定検査を実施した病院が無料で確定検査を実施してくれたり、数万円の補助金を出してくれるケースも増えてきています。確定検査の補助をしてくれる病院を選んで非確定検査を受けることで万が一陽性だったときに安く確定検査を受けることができます。ただし補助金額に上限が設定されていることもあるので注意が必要です。検査前に病院のホームページで補助の有無と上限金額を確認しましょう。

必要項目だけを検査する

出生前診断はダウン症、18トリソミー、13トリソミーなどの先天性疾患だけでなく、微小欠失検査や性別などの判定もできるものがあります。単一の疾患の検査だけの判定であれば数万円安くすむ場合もあるのでどうしても費用を抑えたい場合には検査項目を減らすのがおすすめです。

ただし別の疾患を持って生まれてきてしまう可能性があったり、単一の疾患の検査だけだと確定検査の補助がつかなかったりなどのデメリットもあるので、メディオンクリニックではできるだけ多くの項目を同時に検査することをおすすめしています

クレジットカードの分割払いに対応している病院を選ぶ

クレジットカードに対応している病院を選ぶことで一度に払う金額を安くすることができます。例えば20万円の検査費用を10回分割払いで支払えば一月に2万円の支払いですみます。

分割払いは通常手数料がかかりますが、最近では分割手数料を無料で対応してくれる病院もあります。一度に大きな金額を支払うのが難しい人はクレジットカードの分割払いに対応している病院を選ぶのが良いでしょう。

出生前診断の費用 まとめ

今回は出生前診断の費用について説明しました。

出生前診断はどんなに安くても数万円する高額な検査です。種類や病院をよく考えて受診することをおすすめします。

メディオンクリニックでは全国のおすすめ病院や検査内容など出生前診断に関する無料LINE相談を実施しています。お気軽にお問い合わせください。

出生前診断の無料相談をする

>メディオンクリニック公式LINE@

 

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら

Author

東京プレイヤーズクリニック院長。2016年に帝京大学医学部卒業後、都内の病院にて臨床研修を経て2018年9月に東京プレイヤーズクリニックを恵比寿に開設。累計500人以上の患者を診察する人気医師。

河野 太郎をフォローする
出生前診断
メディオンクリニック
LINEお悩み相談
アプリでピル処方
タイトルとURLをコピーしました