産婦人科医に無料相談|メディオンクリニック【公式】

LINEでスピード相談

受付/24時間 土日祝もOK

相談無料
相談窓口一覧

アフターピル

低用量ピル

月経移動

人工妊娠中絶

出生前診断

卵子凍結

新生児の二重はダウン症の特徴?ダウン症の赤ちゃんがもつその他の特徴も紹介します。

出生前診断

新生児の二重とダウン症って関係あるのかな?

そのようにお考えではありませんか。

産まれた赤ちゃんが二重でかわいらしいけど、もしダウン症と二重が関係があるなら不安ですよね。

結論から申します。「新生児の二重とダウン症には関係があります。
本記事では現役の医師が新生児の二重とダウン症の関係ダウン症の新生児がもつ特徴を解説します。

また新生児を検査する方法をご紹介するので、もう赤ちゃんがダウン症かどうか悩む必要はなくなります。

今回は新生児の二重とダウン症の関係、ダウン症の新生児がもつ特徴、新生児を検査する方法を詳しく解説します。

本記事が新生児の二重とダウン症の関係の理解に役立ち、あなたの悩みを解消できると幸いです。

ちなみに、これから生まれて来る赤ちゃんがダウン症かどうか心配されている方には、「新型出生前診断(NIPT)」と呼ばれる検査があるので、気になる方にはお勧めしております。

こちらは母体の血液検査だけでダウン症がほぼわかるという画期的な検査になっています。診断で陰性が出た場合、99%以上の確率でダウン症ではないということがわかります。

すでに多くの妊婦さんが受け、満足度も高い検査です。赤ちゃんにもノーリスクですから、一度検討してみてください。

新型出生前診断(NIPT)を予約する

新生児の二重はダウン症の特徴?

新生児の二重はダウン症の特徴?

新生児の二重はダウン症の特徴の1つと言われています。ダウン症の新生児がなぜ二重になるのかは明らかになっていませんが、一説によるとダウン症の新生児は、顔の骨の成長速度が部位によって異なりまぶたに脂肪がつきにくいため、二重になりやすいと考えられています。

しかし目が二重であることだけでダウン症の疑いがあると判断することはできません。ダウン症の赤ちゃんは他に様々な特徴を持っているため、それらを含めて総合的に判断する必要があります。

ダウン症の新生児がもつ特徴とは?

ダウン症の新生児がもつ特徴とは?

ダウン症の新生児が持つ特徴は以下の3つになります。

  • 特有の顔つきをしている
  • 身体が柔らかい
  • 体重が軽い

特有の顔つきをしている

ダウン症の新生児は健常な新生児とは外見的に異なり、特有の顔つきをしています。

二重であることに加え目がつり上がっており、目と目が離れている特徴を持っています。ダウン症は顔の中心の骨がゆっくり発達しますが、顔の周囲の骨が通常のスピードで発達します。そのため外側の骨によって皮膚が引っ張られてしまうので目に特徴が現れます。

また鼻の骨の成長が遅く、欠損していることもあるので鼻が低くなると言われています。さらに耳の上部が折れ曲がっており耳が小さいことも挙げられます。また顔全体も平坦的になりやすいとされています。加えて舌が長いという特徴を持っています。

これらの症状の原因はわかっておりませんが、ダウン症の合併症によって発達に問題が起きていると考えられています。

ダウン症の新生児の顔の特徴

  • 目が二重でつり上がっている
  • 目と目が離れている
  • 鼻が低い
  • 耳の上部が折り曲がっている
  • 耳が小さい
  • 顔全体が平面的
  • 舌が長い

身体が柔らかい

ダウン症の新生児は骨や筋肉の発達が遅く、手足に力が入らずに柔らかく曲がっている傾向があります。関節が柔らかいためダウン症の赤ちゃんを抱っこすると、「くにゃくにゃ」している感触を抱く人も多いと言われています。

体重が軽い

健常な新生児に比べて、ダウン症の新生児は体重が軽い傾向があります。そのため1500g未満の極低出生体重児として産まれてくるケースも多いです。また1〜3ヶ月での体重や身長の増加率が遅いと言われています。

新生児をダウン症かどうか検査する方法は?

新生児をダウン症かどうか検査する方法は?

もし赤ちゃんにダウン症の疑いがある場合は検査を行うことは可能です。今回は赤ちゃんを検査する2つの方法をご紹介します。

  • 遺伝子検査
  • 染色体検査

遺伝子検査

遺伝子検査は血液や唾液を用いて遺伝情報を調べることで、ダウン症を含む様々な疾患を調べることができます。近年では遺伝子検査キットが市販で販売されており、2〜3万の価格で購入することができます。

自宅で赤ちゃんの唾液または血液をとり、遺伝子検査キットを検査会社に送るだけで検査結果を知ることが可能となっています。製品によって検査結果がでるまでの期間は異なりますが、病院に行かずに自宅で気軽に検査したい方にはおすすめです。

Amazonで遺伝子検査キットを探す

染色体検査

染色体検査は赤ちゃんの血液を用いて、ダウン症などの染色体の異常を検査する方法です。主に出産後にダウン症の疑いがある新生児を検査するときに使われます。検査にかかる期間は3週間〜4週間かかり、病院でしか受けることができません。

そのためもしお子さんにダウン症の疑いあり染色体検査を受けたい方は、まず出産をした病院でカウセリングを行うことをおすすめします。

新生児の二重とダウン症の関係 まとめ

今回は新生児の二重とダウン症の関係、ダウン症の新生児が持つ特徴、新生児を検査する方法について解説しました。二重はダウン症の特徴の1つですが、二重だけでダウン症と判断することはありません。またその他様々なダウン症の特徴が存在します。もし赤ちゃんにダウン症の特徴が複数当てはまった場合は検査することをおすすめします。

新生児の二重とダウン症の関係の理解に、本記事がお役に立ててれば幸いです。

また、これから出産をされる方に関しては「新型出生前検査(NIPT)」を推奨しております。

母体からのわずかな血液だけで、ダウン症やターナー症候群、エドワーズ症候群、パトー症候群など、様々な染色体異常による疾患を、高確率で出生前に知ることができます

各疾患の陽性的中率は92〜98%陰性だった場合の的中率は99.99%以上なので、陰性の場合は大きな安心が得られるでしょう。

これまでは高リスク妊婦にしか認められていなかった検査ですが、妊婦の高年齢化がすすんだこともあり、最近ではどなたでも受けられるようになりました

ただ、この検査は保険適応外のため、医院によっては高額な料金をとる場合もあります。

羊水検査の追加料金がないかどうかなど厳しくチェックし、信頼できる専門クリニックを選んで検査するようにしましょう

新型出生前診断(NIPT)を予約する


LINEお悩み相談

アプリでピル処方
タイトルとURLをコピーしました