産婦人科医に無料相談|メディオンクリニック【公式】

LINEでスピード相談

受付/24時間 土日祝もOK

相談無料
相談窓口一覧

アフターピル

低用量ピル

月経移動

人工妊娠中絶

出生前診断

卵子凍結

妊娠初期の20の症状とは?生理前との違いや妊娠したらやるべきことについて現役の医師が解説します!

未分類

「妊娠初期の症状って何だろう?知りたい」
あなたは今、そうお考えではありませんか?

最近体の調子が悪い。もしかしたら妊娠したのかも。
もし、今抱えている症状が妊娠によるものかどうか知れたら理想的ですよね。

そんなあなたに朗報です。
この記事では現役の医師が妊娠初期の症状がいつから起こるのか、生理前の症状との違いについて解説しているので、自分が妊娠したかどうかのヒントになります。

さらにこの記事では妊娠したら気をつけること、やるべきことについても解説しているため、赤ちゃんのために今取るべき行動まで分かります

今回は妊娠初期の症状がいつから起こるのか、妊娠初期の20個の症状、妊娠初期と生理前の違い、妊娠したかも?と感じたらすること、妊娠初期に気をつけること、やるべきことについて解説していきます。

妊娠初期の症状から自分の現状を理解して、やるべきことを実行するために、この記事がお役に立てば幸いです。

妊娠初期の症状はいつから起こるのか

妊娠週の数え方

妊娠の初期症状は生理予定日の前後あたりから出始めます。早い人だと妊娠3週目から体調の変化を感じる人もいますが、これは個人差が大きく人によってずれが大きいです。

また、妊娠週数の数え方は、受精する前の最終月経を妊娠0日目としてカウントします。そのため、受精してから数えると2~4週程度で妊娠初期の症状が現れることが多いです。

妊娠初期に見られる20個の症状

妊娠初期に表れる症状20個について解説します。

生理の遅れがある腰痛がある味覚が変わる頻尿になるイライラする、
落ち込む
出血をする頭痛がする食欲が旺盛になる・
食欲がなくなる
便秘・下痢をする基礎体温が高くなる
胸の痛みがするむくみが出る匂いに敏感になるおりものが変化する体のだるさ・
眠さがある
腹痛を感じる肌トラブルがある唾液・鼻水が出るめまいや
ふらつきがある
息切れする

生理の遅れがある

子宮の構造

生理の遅れは、普段生理が規則的な人にとって最もわかりやすい妊娠の兆候です。

生理とは、排卵が起きた後に受精卵のベッドになる予定だった子宮内膜が剥がれて、血と一緒に出てくることです。妊娠した場合には受精卵は子宮内膜に着床するため生理は起こりません

生理周期の乱れがちな人は判断が難しいため、他の症状が出てないか確認する必要があります。

出血をする

着床出血をする

妊娠初期に着床出血と呼ばれる出血が見られることがあります。

着床出血とは、子宮内膜に受精卵が着床するときに起こる出血のことで、1~2日続くことがあります。これは受精卵が子宮内膜にくっつく際に子宮壁が傷つくことが原因とされており、4人に1人の割合で起こります。

出血の量や色は個人差が大きく、出血量は、おりもの程度の量から生理くらいと様々で、ピンク色や茶色、鮮血色などが見られます

胸の痛みがする

胸の痛みがする

妊娠初期には胸の違和感や痛み、ズキズキ、チクチクするといった症状が見られます。

妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが分泌され、これらが胸の乳管や乳腺組織の働きを活発化させることが原因です。

生理前にも見られる症状のため区別がつきにくいですが、生理開始予定日を過ぎても続くようであれば妊娠を疑った方が良いかも知れません。

腹痛を感じる

腹痛を感じる

妊娠初期に見られる腹痛の症状として、チクチクした痛み、お腹の片側や全体が引っ張られるような痛み、下腹部が重く感じる、ギュッと締め付けられるような痛みなどがあります。

これはホルモンバランスの変化や子宮に変化がおきていることが影響してお腹に痛みが生じているためです。

生理痛による腹痛と似ているため区別がつきにくいですが、妊娠していた場合赤ちゃんに影響が出るため、鎮痛剤の使用は控えるようにしましょう。

腰痛がある

腰痛がある

妊娠初期に腰痛を訴える人は多く、もともと腰痛持ちではなかった人が妊娠をきっかけに腰痛を発症するケースも多いです。

妊娠初期には女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが分泌が増えます。黄体ホルモンは出産に備えるために腰回りの筋肉や関節を緩める効果があるので、骨盤の中に血液が溜まりやすくなり腰痛が起こります。

また、子宮が大きくなると背中が曲がって前屈みの姿勢になりやすいことも関係しています。

頭痛がする

頭痛がする

妊娠初期にはこめかみや目の周りの痛むが特徴の偏頭痛になる人が多いです。

偏頭痛は一般的に疲労やストレスが原因と考えられていますが、妊婦の場合は黄体ホルモンの増加や自律神経のバランスが崩れることが原因です。

普段は平気な人が痛みを感じる場合は妊娠の可能性が高いです。また、頭痛薬は胎児に影響を及ぼす可能性があるため使用を控えましょう。

むくみが出る

むくみが出る

妊娠してからむくみやすくなったと感じる方は多く、これは女性ホルモンであるプロゲステロンが体内の水分量を保とうとするためです。

病気などは関係しておらず、出産を終えると通常通りの体調に戻ります。

肌トラブルがある

肌トラブルがある

ホルモンバランスの乱れによって、ニキビ、吹き出物、かさつき、かゆみなどの症状が見られます。

また、ホルモン分泌の影響からメラニン色素が増え、シミやソバカスが目立つこともあります。

味覚が変わる

妊娠週ごとの味覚の変化ホルモンバランスの変化によって妊娠初期の特徴として顕著なのが酸味を欲する、甘いものを嫌うなどの味覚の変化が見られます。

今まで食べたことのなかった酸っぱいものが食べたくなったり、好きだった甘いものに魅力を感じなくなったりした場合には妊娠の可能性が疑われます

食欲が旺盛になる・食欲がなくなる

食欲が旺盛になる・食欲がなくなる

食事の変化として食欲の変化が見られる場合もあります。

妙に同じものばかり食べたくなる、何も食べたくないというのは妊娠の兆候かも知れません。

匂いに敏感になる

匂いに敏感になる

初めて妊娠する女性のほとんどが嗅覚過敏になります。これは嗅覚過敏症というもので突然発症します。匂いを嗅ぎ当てられるようになるというよりも食べ物やタバコ、香水やおならなどあらゆる匂いに敏感になります。どんな匂いに対しても同じように敏感になってしまうため、とても不快に感じます。

詳しい原因は分かっていませんが、黄体形成ホルモンや卵細胞刺激ホルモン、人絨毛性ゴナドトロピンなどの女性ホルモンの分泌が関係しているとされています。

唾液・鼻水が出る

唾液・鼻水が出る

自律神経の乱れによって唾液や鼻水が出ることがあります。

風邪と区別がつきにくいですが、喉の腫れや高熱がない場合には妊娠の可能性が疑われます。

頻尿になる

頻尿になる

1日に8回以上トイレに行くような頻尿の場合、妊娠の可能性が疑われます。妊娠6~8週目で症状が現れることが多いです。

妊娠すると血液量が増え、その血液を処理するために尿の量が増えるからです。また、子宮が大きくなることで膀胱が圧迫されることも原因の1つです。

便秘・下痢をする

便秘・下痢をする

妊娠した4人に1人は便秘になると言われており、慢性化すると痔になる恐れもあります。

ホルモンバランスが変化し自律神経が乱れることによって超の運動が鈍くなるためだと考えられています。また、子宮が大きくなることも関係しています。

おりものが変化する

おりものが変化する

おりものの色や量、匂いなどの変化は代表的な妊娠の症状です。乳白色や薄い茶色、量が多く水っぽい、匂いがしないなどの特徴があり、状況は生理周期とともに変化します

また、濃い黄色や緑色で腐ったような匂いがする場合や泡状になっている場合は妊娠中に感染症にかかっているサインかも知れませんので急いで病院を受診してください。

めまいやフラつきがある

めまいやフラつきがある

妊娠初期には貧血や自律神経の乱れ、低血圧などによってめまいや立ちくらみが起こりやすくなります。

イライラする・気分が落ち込む

イライラする・気分が落ち込む

情緒が不安定になるのも妊娠の代表的な特徴の1つです。

ホルモンバランスの乱れや、妊娠初期に出る様々な症状のため、イライラしたり、怒りっぽくなったり、わけもなく悲しくなったりしてしまいます。

基礎体温が高くなる

基礎体温が高くなる

妊娠した場合、妊娠していない場合に比べて基礎体温の上がる「高温期」が長く続きます

黄体ホルモンには基礎体温を上げる働きがあり、妊娠することで黄体ホルモンの働きが活性化されているため、このような体温の上昇が見られます。

3週間以上基礎体温が高い状態が続くと妊娠の可能性が疑われます。

体のだるさ・眠さがある

体のだるさ・眠さがある

妊娠初期に増加するプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌によってだるさや眠さが引き起こされます。

また、基礎体温が上がることもだるさの原因です。

息切れする

息切れする

妊娠すると、胎児に栄養や酸素を送るために血液の量が増えます。

普段よりも多くの血液を送るために、ポンプの役割を果たす心臓に負担がかかり、息切れを起こしやすくなります

妊娠初期と生理前の症状の違い

基礎体温の低音期と高温期

腹痛や胸の痛み、眠気やイライラなど、妊娠初期の症状と生理前の症状は非常に似ており、これらの症状から区別をつけることは非常に難しいです。

妊娠と生理とで大きく異なる症状は基礎体温の上昇期間です。

生理前は高温期と言って基礎体温が高い期間が続き、生理予定日が訪れると低温期になります。一方、妊娠初期の場合は体温が下がらず高温期が続きます。

このため、基礎体温が14日以上高い場合には妊娠の可能性が高いと言えるでしょう。

妊娠したかも?と感じたらすること

妊娠したかも?と感じたらすること

 

妊娠検査薬を使う

妊娠検査薬を使う

妊娠初期の症状を見て、妊娠の可能性があると感じれば妊娠検査薬を使うことをおすすめします。薬局やインターネットで購入することができ、尿をかけるだけで手軽に検査することが可能です。

妊娠検査薬は使用する時期が大切で、妊娠5週目(生理予定日の1週間)以降から検査が可能です。99%以上の精度で結果が出ます。

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌されるhCG呼ばれるホルモンを検出することで陽性か陰性かを判断しています。使うタイミングが早いとホルモンの分泌がまだ少ないため陰性と表示されることがあります。また妊娠10週目など使うタイミングが遅すぎると、ホルモンの分泌量が多すぎるために正常な結果が得られなくなってしまいます。

そのため、妊娠検査薬は妊娠5週目以降のなるべく早い段階で使用することをおすすめします。

産婦人科に行く

産婦人科に行く

妊娠検査薬で陽性反応が出たら産婦人科または婦人科で検査を受ける必要があります。

妊娠検査薬を使う場合と同じくように病院に行くのも、早すぎず遅すぎない適切な時期を選ぶ必要があります。

焦って妊娠5週よりも前に病院に行っても正常妊娠か異常妊娠かの判断や、胎児の心拍を確認することができず、結果再度受診することになります。また、受信が遅くなると、異常妊娠だった場合に気付くのが遅くなり、母体に負担がかかってしまいます。

初診では、内診と言って医師が膣の中を診察し異常妊娠や子宮、卵巣の異常がないか確認します。その際に出血することがあるため生理用ナプキンがあると良いでしょう。

妊娠初期に気をつけること

妊娠初期に気をつけること

妊娠中は母親の栄養や健康がそのまま赤ちゃんに影響します。これから体を形成する赤ちゃんにのために気をつける6つのことを紹介します。

  • 禁煙する
  • お酒をやめる
  • カフェインを控える
  • 激しい運動を控える
  • 薬の服用は医師・薬剤師と相談する
  • 感染症に注意する

禁煙する

喫煙量と早産の関係

妊娠すると、胎児に酸素や栄養を供給するために必要な血液量が多くなります。しかし、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、胎児に栄養が行き渡らずに悪影響があるのです。

実際に喫煙量が多いほど早産の可能性や流産の可能性が上がることが分かっています。

喫煙妊婦と非喫煙妊婦の赤ちゃんの比較

同様に胎児に栄養が届かないため、低出生体重時が生まれやすくなることもわかっています。

例え妊娠初期にタバコを吸っていたとしても、妊娠3~4ヶ月までに禁煙すると低体重時になるリスクがタバコを吸っていない妊婦のレベルにまで近づくことが分かっています。

そのため、妊娠かもしれないと思ったら赤ちゃんのためにも禁煙をする必要があります。

お酒をやめる

お酒をやめる

妊娠中の女性がお酒を飲み続けると、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群と呼ばれる先天性疾患を発生する可能性があります。

お腹の中での成長が遅くなり、低出生体重児になるほか、知能障害、脳性小児麻痺、行動障害などが表れる可能性もあります。

妊娠、授乳時期に飲酒をしなければ100%防げる病気なので、お酒は絶対にやめましょう。

また、既にお酒を飲んでしまっている方も今から辞めれば問題ありません。

というのも、妊娠0~4週未満の妊娠初期段階では、胎盤ができる前なので、血液を通してアルコールが胎児へ届くことはないからです。

カフェインを控える

カフェインを控える

母体や胎児のためにも妊娠中はコーヒーや紅茶、緑茶なども控える必要があります。

妊婦は元々貧血になりやすく、カフェインを摂取することで鉄分や亜鉛などのミネラルの吸収が阻害されるため、さらに貧血になりやすくなってしまいます。

同様に赤ちゃんも栄養の吸収が阻害されて栄養が不足してしまうほか、大量摂取すると早産・流産・低体重児・発達障害になる可能性も指摘されています。

激しい運動を控える

激しい運動を控える

妊娠初期は流産が起こりやすい時期であるため、心拍数の上がるような強度の高い運動は避けましょう。

妊娠が発覚してからスポーツを始めて良いのは基本的に妊娠中期以降で、

  • 正常妊娠である
  • 過去に早産や3回以上繰り返した流産がない
  • お腹の子供は1人(双子以上でない)
  • 胎児の発育に異常がない

といった条件を満たす必要があります。

また、運動をする際も、ウォーキング、ヨガ、水中ウォーキングなどの強度の低いものを行うようにしましょう。

薬の服用は医師・薬剤師と相談する

薬の服用は医師・薬剤師と相談する

妊娠した際に判断が難しいのが薬を飲むべきか飲まないべきかということです。

母体の健康は胎児に直結するという点から考えると、母親の体調を改善するために薬を使用するべきだと考えることができます。

一方、薬を飲むことで赤ちゃんに悪影響が起き、先天性疾患を持ってしまったり、流産してしまったりする危険性もあります

実際にはほとんどの薬が胎児に影響することはなく飲んでも大丈夫だと言われていますが、病気を持っている方、治療を受けている方、薬が必要な方は医師や産婦人科医、薬剤師に相談することをおすすめします

また、既に薬を服用している方も、妊娠初期の0~3週までは薬を飲んでも胎児に影響がほとんどないため問題ありません

ただし、妊娠4週~7週の期間は赤ちゃんの脳、神経、心臓、胃腸、手足などの重要な器官が生成される最も薬の影響を受けやすい時期のため注意が必要です。

感染症に注意する

感染症に注意する

妊娠中は免疫力が下がるため、風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染症にかかりやすくなります。また、本来なら軽症で済むような病気も重症化しやすいことに注意が必要です。

特に今気をつけたいのが新型コロナウイルス感染症です。

妊娠中は重症化するリスクが高い可能性があります。特に高齢(35歳以上)、肥満(BMIで30以上)、喫煙者、高血圧・糖尿病・喘息などの基礎疾患を持つ妊婦では重症化のリスクが高いことが報告されており注意が必要です。

現時点では、風疹あるいは2016年に流行したジカ熱のような児の先天性障害や流産のリスクが高いとする報告はありません。中後期の感染では、早産(37週未満)のリスクが高く、新生児についてはNICU(新生児集中治療室)への入室を必要とする事例が多かったと報告されています。しかしながら、死産あるいは新生児死亡のリスクは高くなかったようです。
引用:国立研究開発法人国立成育医療研究センター

性行為は控える

性行為は控える

母体と胎児のことを考えるならば、基本的には妊娠中に性行為は行わないのがベストです。

母親は赤ちゃんのいるところに挿入されるのを本能的に避けるため、妊娠中の性行為にはストレスがかかります。情緒の安定していない妊娠時に性行為を行うことで母親に精神的な負担が余計にかかってしまいます。

また、挿入によって子宮が刺激されると出血や張りの原因になり、感染症を引き起こした場合、早産や流産の危険があります

仮に性行為を行う場合は子宮への刺激を避けるためにも、胎盤が安定する安定期(妊娠16週)までは控えるようにしましょう。

妊娠初期にやるべきこと

妊娠初期にやるべきこと妊娠中は普段よりも必要な栄養の量が多くなります。その中でも胎児の発達に大切で妊婦に不足しがちな栄養素である葉酸と鉄分について紹介します。

葉酸を取る

葉酸を取る

妊娠初期に赤ちゃんが成長する過程で脳や脊髄の基になる神経管という感情構造物が形成されます。このときに多くの葉酸が必要で、最近の研究では、十分な葉酸を摂取することでダウン症などの先天性疾患になる可能性を減らせることが分かってきました

この他にも東京大学などが行った研究によると葉酸が幼児の異常行動に予防効果があることが分かっています。

しかし厚生労働省の調査によると、妊婦の半数以上が葉酸の推薦摂取量の半分も摂取できていないことが分かっています

葉酸を多く含む食材には海藻類や枝豆、きのこなどが挙げられますが、食品から摂ることが厳しい場合はサプリから摂取することもおすすめです。

鉄分を取る

鉄分を取る

鉄分は母親の貧血改善だけでなく、赤ちゃんの発育不良や未熟児、早産の危険性を減らしてくれます。

妊娠中に必要な鉄分の量は19.5mgと通常の約2倍の量が必要になります。厚生労働省の調査によると妊婦の半数以上が推薦摂取量の4割も摂れていないことが分かっています。

鉄分を多く含む食品として牛もも肉や豚ヒレ肉、カツオ、納豆などがありますが、味覚の変化などにより摂取が厳しい場合はサプリからの摂取をおすすめします

妊娠初期 まとめ

妊娠初期 まとめ

今回は妊娠初期の症状について説明しました。

  • 妊娠の症状は生理予定日の前後あたりから出始める
  • 最終月経の日を妊娠0日目としてカウントする
  • 妊娠初期には頭痛、出血、味覚の変化、体のだるさなどの症状がある
  • 妊娠初期と生理前の症状は似ているが基礎体温の高温期の長さに違いがある
  • 妊娠を疑ったら妊娠5週目以降に妊娠検査薬を使用する
  • 妊娠したらお酒やタバコはやめ、感染症に注意する
  • 妊娠したら葉酸や鉄分など不足しがちな栄養素を摂取する

妊娠初期の症状は生理前の症状と区別がつきにくいため自分で判断せず、疑いを持ったら検査薬を使ったり産婦人科を受診することが大切です。妊娠初期に注意するポイントを理解して今後の行動を決めるために、この記事がお役に立てば幸いです。

アプリで解決
お急ぎのピルの処方はスマホでオンライン処方がおすすめです! アフターピル・低用量ピル・月経移動ピルが誰にもバレずに、最短翌日に自宅に届きます♬ 

ピルのオンライン処方を試してみる!

>LINE相談はこちら

LINEお悩み相談
アプリでピル処方
タイトルとURLをコピーしました