産婦人科医に無料相談|メディオンクリニック【公式】

LINEでスピード相談

受付/24時間 土日祝もOK

相談無料
相談窓口一覧

アフターピル

低用量ピル

月経移動

人工妊娠中絶

出生前診断

卵子凍結

つわりがないのは異常なこと?つわりがない人の特徴・流産との関係性を解説します。

未分類

つわりがないけど、胎児への異常があったらどうしよう。

そのようにお考えではありませんか?

つわりは妊婦に起きる自然現象と思っていたけど、自分には全くつわりがこない。もしつわりがないのは胎児の異常を表すサインだったら、不安になりますよね。

そこで今回は現役の医師が「つわりがないのは異常かどうか」「つわりが来ない人の特徴」「つわりがないことと流産の関係性」について詳しく解説します。

また妊娠中に注意したい症状についても解説するので、本記事を読むとつわりと胎児の関係性についてわかり、胎児に異常が起きているのか見極められるようになります。

3分で読める内容となっているので、是非御一読ください。

「つわりが来なくて不安な妊婦の方」の不安の解消に本記事がお役にたてると幸いです。

つわりがないのは流産のサイン?

つわりが始まる時期は流産が最も起きやすい時期(妊娠12週未満)と重なるため、つわりの症状がない場合、胎児に異常があると考えられる方も多いです。確かにつわりがない妊婦が流産をしてしまうケースもあります。

しかし妊娠初期はエコー検査などの定期的な妊婦検査が行われているため、もしつわりがなくても妊婦検査で異常がない場合は問題がありません。

また妊婦の中でつわりを経験する人の割合は80%とされていますが、20%はつわりを経験しません。よって「5人に1人」はつわりの症状がなく、出産を迎えます。

そもそもつわりが起きる原因は医学的には未だ明らかにされてません。妊娠によって起きる「ホルモンバランス・代謝・生活環境の変化」によって生じると考えられています。

特に「妊娠10周目に増加のピークを迎えるhcgホルモン」が影響してのではないかと言われています。

つわりがない人の特徴

病院

つわりがない原因は明らかではありませんが、「つわりがないと感じられている方」には以下のような特徴があります。

  • 妊娠によって起きる体の変化に対応している
  • 症状に気付いていない
  • 通常よりも遅い時期につわりがくる

妊娠によって起きる体の変化に対応している

つわりがない方はホルモン環境の変化に対して適応力がある人かもしれません。

通常妊婦はホルモンバランスは急激に変化するので、多くの方につわりの症状が出ます。

しかし体の変化にも対応できる人はつわいがない可能性があります。また一般的な人に比べてホルモン(hcgホルモン)の分泌量が少ない可能性も考えられます。

症状に気付いてない

体がストレスに強く症状に気づかれない妊婦もいます。

またつわりの症状は「嘔吐」「吐き気」「胃のムカつき」の3つのイメージが強いので、その他の症状を認識してないケースも。

「嘔吐」「吐き気」「胃のムカつき」以外のつわりの症状をご紹介するので、ぜひ確認してみてください。

  • 脱水症状
  • 口の渇き
  • 皮膚の乾燥
  • 倦怠感
  • 便秘

通常よりも遅い時期につわりがくる

つわりの症状が始める時期には個人差があり、「生理予定日前から」「妊娠2ヶ月から」「妊娠3ヶ月から」など様々です。そのため妊娠初期の時期につわりがない方は、遅い時期に来るかもしれません。

妊娠中に注意すべき危険な症状

ここでは知っておきたい胎児や母体に異常が起きた時に、現れる症状をご紹介します。

「つわいがない」の同時に以下の症状が出ると、胎児に異常が起きている可能性が高いです。

もし当てはまる方は必ず病院を受診ください。

  • 膣からの出血
  • 激しい腹痛
  • 喉の渇き・発汗

膣からの出血

妊娠初期の膣からの出血は、受精卵が子宮内膜に着床することによって起きる着床出血が起きます。着床出血は少量の血が3日ほど出ますが、問題はありません。

しかし赤い鮮血が大量に出た時などは流産の可能性があるので、注意が必要です。流産の場合は激しい腹痛や痙攣を伴う場合があります。

激しい腹痛

妊娠の初期症状による便秘で「お腹が張る」「軽い腹痛が生じる」などの症状があります。しかし下腹部に強い腹痛がある場合は「流産」など胎児に異常が起きていることが考えられます。

また妊娠初期には「子宮外妊娠」の可能性も考えられます。

喉の渇き・発汗

妊婦は母体と赤ちゃんの栄養・水分が必要なため、喉が乾きやすくなっています。しかしあまりにも頻繁に喉が渇く方や発汗がひどい方は、糖尿病の可能性も。

妊娠すると通常よりもインスリン抵抗性が低下してしまい、糖尿病にかかりやすくなります。


現在、妊婦さんと赤ちゃんのためにできる健康維持の方法として注目されているのが、葉酸サプリです。

 

葉酸サプリは、妊娠前から妊娠初期の間に飲むことで、赤ちゃんの神経系障害のリスクを低下させることが期待でき、厚生労働省からも推奨されています。

 

中でも、効果的なのが「モノグルタミン型の葉酸」を含んだサプリです。

 

ベルタ葉酸サプリは、「モノグルタミン型の葉酸」を含み、さらに妊婦さんの健康維持に欠かせない鉄分やカルシウムなども配合したサプリです。

 

全国の産婦人科で推奨され、葉酸サプリのランキング第一位を獲得し続けている定番のサプリです。

 

 

まずはあなたと赤ちゃんのために葉酸サプリを使ってみましょう。

 

ベルタ葉酸サプリを使ってみる

つわりがない まとめ

今回は「つわりがないのは胎児に異常が起きているのか」について詳しく解説しました。

・妊婦の5人に1人はつわいがなく出産を迎える
・つわりの有無が胎児の異常と関係があるのかは明らかになっていない
・つわりがない人の特徴は「妊娠によって起きる体の変化に対応している」「症状に気付いていない」「つわりの時期が遅い」
・妊娠中に注意すべき症状は「膣からの出血」「激しい腹痛」「喉の渇き・発汗」
つわりがなく心配になられている方も多いと思います。しかし妊娠検査で胎児に異常が確認されない限りは問題はありません。
ただしつわりがないの同時に「膣からの出血」「激しい腹痛」「喉の渇き・発汗」などの症状がある場合は直ちに病院にいきましょう。
Author

東京プレイヤーズクリニック院長。2016年に帝京大学医学部卒業後、都内の病院にて臨床研修を経て2018年9月に東京プレイヤーズクリニックを恵比寿に開設。累計500人以上の患者を診察する人気医師。

河野 太郎をフォローする
未分類
メディオンクリニック

LINEお悩み相談

スマホでピル処方
タイトルとURLをコピーしました